iPhone7の好調な売り上げ

現在では若い世代の人たちを中心に、幅広い層の人たちの間で普及しているスマートフォンですが、スマートフォンと一口に言っても、いくつものメーカーが様々な商品を販売しており、それぞれが特徴を持っています。
その中でも2016年の9月に発売されたApple社のiPhone7は、販売開始からすぐに爆発的な人気を呼んで、たった17日で第3四半期のiPhoneの売上全体の43%に達したことが話題になりました。
四半期とは三カ月のことなので約90日ということになり、その5分の1にも満たない日数で全体の43%もの売上を達成したということは、それだけ大きな注目を販売前から受けていたことの表れだと言えるでしょう。
iPhone7がそれほどの大人気となった理由としては、iPhoneならではのデザインの良さと共に、水に濡れても大丈夫だというCМでも示されている防水性の高さや、スピーカーの音量の大きさ、バッテリーの持続時間の向上などが挙げられます。

iPhone7の売り上げ、iPhone6sを上回る?

iPhone7の売り上げ、iPhone6sを上回る? 優れたiPhoneの世代として呼び声高い6sですが、新作の7世代目の売上はそれを超えると予測されています。
最新調査において、iPhone7の売上は数あるスマートフォンの中でも極めて高いレベルに達すると見られています。
今現在の売上ペースが続けば、6sの売上を近いうちに上回ると最新調査では予測されており、それを裏付ける事実として7世代目の端末は世界各国で品薄状態が相次いでいます。
品薄を解消しようと製造が急ピッチになっている、新しく市場に端末を供給しても、あっという間に再び売り切れてしまう等、大衆からの圧倒的なニーズの高さを示す声が相次いでいます。
処理能力の劇的向上、更なる軽量化、新しく防水機能や支払い機能が実装された事、新色のカラーが追加された事、更にはライバル企業の人気機種が欠陥品で回収騒ぎを起こした事なども、iPhone7の爆発的人気の追い風になっています。
6sの売上は今後急激に伸びる事は無いため、アップルの工場が災害に遭う、あるいは欧米諸国で大きな経済不況が再燃する等の外的要因が無い限り、売上は普通に上回る事でしょう。