iPhoneの保証期間に故障したい場合

私たちの生活の中で、欠かすことができないiPhoneですが、故障してしまったりする場合もあるので、保証期間を知ることは非常に大切なことです。
保証期間は、購入から1年間になりますが、何らかの不具合が出た場合は、アップルにiPhoneを送って修理を行うことになります。
またアップルケアに加入することで、保証期間を一年間、伸ばすことも可能なので、気になる場合は、利用してみてはいかがでしょうか。多くの場合、数年間はiPhoneを使用するケースが多いので、アップルケアは非常に魅力的なサービスだと言えるでしょう。
また保証期間内でも、有料サービスになるケースもあるので、注意しながら使う必要があります。落下などによる故障や、水没などの場合は、有料サービスになる場合があるので、アップルに相談してみると良いでしょう。
またアップル以外でも、iPhoneを修理するサービスはあるので、料金などを確認して利用してみるのも良いでしょう。

iPhoneの本体交換の前に知っておきたいこと

iPhoneの本体交換の前に iPhoneが壊れた場合は修理ではなく、本体交換となるケースがあります。特に通信キャリアから購入している場合は無償交換になりやすいとも言われています。
しかし、本体交換で注意したいことが2つあります。1つはデータの移行はしてくれないことが多いこと、液晶保護シートなどは保証されないことです。
データについてはiPhoneはicloudとよばれる無料で使えるファイルサービスが搭載されているのですが、5GB程度しかないことから、バックアップは最低限となります。音楽データなどは自身でバックアップしておくことが必要です。
バックアップはPCもしくはMacであればフルバックアップが可能になり、ほとんどのデータが移行できるようになっています。バックアップは差分だけをとる形になっているのでこまめにとっておくと何時の時点のデータにするかなども設定することが可能です。
液晶保護シートなどは剥がしてくれるサービスもありませんので買い直しとなるので注意したいところです。