iPhoneの電源周りで知っておきたいこと

iPhoneはバッテリー交換ができません。基本的に省電力設計になっているスマートフォンではありますが、ゲームや動画を沢山見たり遊んだりしていると電源はいくらあってもたりません。
そこで持っておきたいのが予備バッテリーです。
バッテリーと言えばせっかく薄型のiPhoneなのに邪魔になると思いがちですが、モバイルバッテリーとよばれる予備電源はさまざまな形式があり、邪魔にならずに電源を供給してくれる仕組みとなっています。
中にはiPhoneに装着するタイプもあり、用途に合わせていろいろなタイプが選べます。
また、iPhoneの場合は専用ケーブルが必要になりますが、Androidと共用で使えるように両ケーブル端子を搭載したタイプもあり注目されています。予備バッテリーは満充電にしてくれる回数によって容量が変わります。
1回の満充電でよければマッチ箱よりも小さな大きさであることが多く、じゃまにならずに持ち運べるようになっています。

iTunesを活用し、iPhoneとPCを同期

iPhoneとPCを同期 iPhoneは一般的なパソコンとは違い、USBケーブルが使えません。その代わりとしてライトニングケーブルが利用でき、これはApple社独自の規格となります。
iPhoneであれば、箱の中には最初から純正のライトニングケーブルが付属しているはずです。そのケーブルをパソコン等に接続する事で、データのやり取りが進められます。
データを同期させる最も一般的な方法は、Apple独自の音楽ソフトiTunesを利用するやり方です。iTunesは音楽ソフトの一種ですが、iPhoneに音楽を転送したり、反対にスマートフォンの写真や動画をパソコンに同期させられます。
また書類データを、書類閲覧アプリに転送する事も可能であり、iTunesはiPhoneユーザーにとってぜひともパソコンに入れておきたいソフト、ナンバーワンです。
データを同期させる事で、スマートフォンのバックアップがパソコン内部に保管出来ます。
反対にスマホ画面で確認したい書類データやPDFなどもiTunesを介して同期出来ますので、ビジネスの作業が捗ります。