iPhoneの充電時の注意点について

iPhoneを充電している時にこのアクセサリーは利用できませんや途中で充電が中止することがあります。ケーブルが断線したり充電器が故障していない限り純正品の場合ではほとんど起こることがありません。
その原因は最近のiPhoneのケーブルには特殊なチップが埋め込まれており、この会社が認証したチップを埋め込まないと充電ができないようになっています。
しかし、格安のケーブルの中にはこのチップを独自の方法で解析して充電できるように改変したものが発売されています。初めは使えることもあるかもしれませんが、OSのバージョンアップをした場合には、製造元によって使えなくする設定に変更されることもあります。
このことは充電器でも言えることです。海外では特に粗悪なものが販売されていることもあり、充電中に感電事故を起こしています。日本ではそのようなことはないかもしれませんが、iPhoneの製造元もより安全に充電してもらうために認証品以外のアクセサリーを排除する方向に動いています。
格安の充電アクセサリーは認証品と比べると粗悪なものが多く、給電する電圧や電流数に違いが生まれます。
そのため、充電ができたとしても充電時間が長くなったり通常よりも発熱することがあります。
そのことは高価なiPhone自体にも負担をかける可能性があり、充電する時はできる限り純正品か認証済み品を利用することをおすすめします。

iPhoneの強度について

iPhoneの強度 iPhoneは年々強度が増してきており、5以降はコンクリートに落とさない限りは破損しないとまで言われています。
実際には落ちる場所によって破損するのですが、防水機能と合わせてボディ強化はiPhoneの特徴でもあります。
強度についてはボディと液晶双方でチェックしたいところです。ボディについてはアルミニウムをうまく利用した強固な作りで傷がつきにくく、破損しずらい設計です。ただし、6では強度が足りなく、折り曲がるという欠点もありましたが、6sで解消されています。
液晶画面については強化ガラスが4以降利用されており、鍵程度では傷がつかないとまで言われる強度をほこっています。
ただし、衝撃にはやはり弱い部分もあり、落下に際し、ボディは無傷だが液晶ガラスに日々が入るというケースが多くなっており、出来る限り落とさないことが大切です。
iPhoneを落下などの衝撃から守るにはケースを利用するのが効果的です。せっかく薄いボディなのだからケースは困るという方も多いですが、薄手のケースやバンパータイプを利用すれば厚みをあまり気にせず利用できます。
また、スポーツやレジャーの際には落下以外に衝撃にも対応する意味でケースを選ぶという方も多くなっています。